サロン「セルピエ」の旬な情報や、サロンの日常をスタッフがお届けします!

2008年04月30日

映画『バスキア』

喫茶店のウェートレス、ジーナの部屋に転がり込んでいたストリート・アーチストのバスキア。彼は美術評論家ルネに注目される、アンディ・ウォーホルにも認められ、一躍有名になる。だがそれと引き換えに、ジーナの心は次第に彼から離れて行った。27歳でこの世を去った画家ジャン・ミシェル・バスキアの生涯を、生前彼の友人だったジュリアン・シュナーベル監督が映画化。

休みは自転車やバイクでよく出かけます、が、何本もDVDたまに家に引きこもります(笑)
この間『ファクトリーガール』を観て、もっとアンディ・ウォーホールの世界を覗きたくなり、『バスキア』を借りてきました。
こちらのアンディはなかなか格好良くていい演技でしたぴかぴか(新しい)
バスキアも格好良かったですぴかぴか(新しい)
イーディといいバスキアといいこの時代の人はドラックで若死にしてしまうのですね…。4_16066.jpg


kotaro





posted by staff at 00:00| Comment(0) | Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: